海上保安庁 海の絵画コンテスト

2月3日~14日まで、渚の駅たてやまの市民ギャラリーで海上保安庁主催海の絵画コンテストの作品展が行われました。

このコンクールは、毎年夏休みに全国の小・中学生を対象に『灯台のある風景』と『未来に残そう青い海』の二つの部門で絵画を募集しています。

今回、このギャラリーでは館山市内の小・中学生が応募した150点が展示されていました。

小3のA君は『灯台のある風景』の部、小2のB君と小3のC君は『未来に残そう青い海』の部に応募。それぞれ、個性のある作品に仕上がっていました。3人とも入賞はできませんでしたが、小2のB君は「夏休みにまた頑張って、今度は賞を取りたい。」と意気込みをみせていました。

『灯台のある風景』 小3H君
『灯台のある風景』の部 小3D君

 

『未来に残そう青い海』の部  小2R君
『未来に残そう青い海』の部 小2B君

 

『未来に残そう青い海』の部  小3D君

『未来に残そう青い海』の部 小3C君