房州うちわ手作り体験

地域交流行事として「房州うちわ手作り体験」をおこないました。房州うちわとは、南房総市・館山市特産品で、千葉県の伝統工芸の一つ。京うちわ・丸亀うちわと並ぶ日本三大うちわです。

市の体験交流協会に依頼し、うやま工房様が講師として来て下さいました。地域の方12名、学園児童・職員36名の計48名が参加しました。

初めての取り組みで、最初は不安もありましたが、始まれば真剣に講師の説明を聞き、みな楽しそうに製作をしていました。少し難しいところもありましたが、近くのお友達に聞いたり、大人に手伝ってもらいながら全員が上手に仕上げることが出来ました。


うちわの絵柄がずらり。好きなものを選んで作成しました。


うちわの骨に糊をつけます。

絵柄と骨をはりあわせます。
竹へらで骨を均一に整える作業。むずかしい!

できた!!

参加して下さった地域の方々、体験交流協会の方、うやま工房の方々、ご協力ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。