東京都船形学園 のすべての投稿

房州うちわ手作り体験

地域交流行事として「房州うちわ手作り体験」をおこないました。房州うちわとは、南房総市・館山市特産品で、千葉県の伝統工芸の一つ。京うちわ・丸亀うちわと並ぶ日本三大うちわです。

市の体験交流協会に依頼し、うやま工房様が講師として来て下さいました。地域の方12名、学園児童・職員36名の計48名が参加しました。

初めての取り組みで、最初は不安もありましたが、始まれば真剣に講師の説明を聞き、みな楽しそうに製作をしていました。少し難しいところもありましたが、近くのお友達に聞いたり、大人に手伝ってもらいながら全員が上手に仕上げることが出来ました。


うちわの絵柄がずらり。好きなものを選んで作成しました。


うちわの骨に糊をつけます。

絵柄と骨をはりあわせます。
竹へらで骨を均一に整える作業。むずかしい!

できた!!

参加して下さった地域の方々、体験交流協会の方、うやま工房の方々、ご協力ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

 

船形学園で一緒に働きませんか?

現在、船形学園では福祉職および子育て福祉員を募集しています。応募詳細は各職種を選択してください。みなさまのご応募お待ちしております。

 

また、施設見学を随時受け付けております。船形学園で働くことへの疑問・質問にお答えできればと考えております。

○事前にご予約ください○
連絡先 0470-27-2921  受付時間 9:00~17:00  担当:富岡(とみおか)

 

 

 

遊具の寄贈をいただきました

このたび、特定非営利活動法人プレイグラウンド・オブ・ホープ様の紹介で、ヒルトン東京ベイ様より遊具の寄贈をいただきました。

この遊具はプレイグラウンド・オブ・ホープ様の支援事業で、東日本大震災の被災地をはじめ、全国の児童養護施設に子どもの遊び場を贈られているのです。

設置にはプレイグラウンド・オブ・ホープ様、活動の支援者であるヒルトン東京ベイ様のボンランティア30名が来園され、大きな遊具が手際よくどんどん組み立てられていきました。

 

ついに完成!完成のお祝いと子ども達へのお披露目をかねて、ハンバーガーやホットドッグが振舞われました。

 

セレモニーではヒルトン東京ベイ ゼネラルマネージャーのロジャーさんよりご挨拶をいただき、プレイグラウンド・オブ・ホープ代表マイケルさんの掛け声で、みんなで英語で10カウントダウン。
スリー、ツー、ワン!で風船を飛ばして。

「遊んでいいよー!」の声に子ども達が歓声とともに遊具へ走っていきました。
トンネルすべり台にうんてい、望遠鏡までついた新しい遊具に子ども達は大喜び!
日が暮れるまで元気に遊んでいました。

他にもベンチの作成、サッカーゴールのペンキの塗り直しまでしていただきました。

子どもたちに遊ぶ楽しさ、喜びをプレゼントして下さり、本当にありがとうございました!

野球の観戦に行ってきました!

今年も特定非営利活動法人夢シート様の招待で東京ドームへ野球観戦へ行ってきました。巨人ファンの子どもはヒットが出るとオレンジのタオルを振り回し、小さい子はそれをまねて大きく手を振って応援していました。野球部の子供たちはプロの選手のプレーを直に見ることができて嬉しそうで励みにもなったと思います。いい思い出になりました。