カテゴリー別アーカイブ: 行事

『未来に残そう青い海』の部  小2R君

海上保安庁 海の絵画コンテスト

2月3日~14日まで、渚の駅たてやまの市民ギャラリーで海上保安庁主催海の絵画コンテストの作品展が行われました。

このコンクールは、毎年夏休みに全国の小・中学生を対象に『灯台のある風景』と『未来に残そう青い海』の二つの部門で絵画を募集しています。

今回、このギャラリーでは館山市内の小・中学生が応募した150点が展示されていました。

学園に在籍している小3のH君は『灯台のある風景』の部、小2のR君と小3のD君は『未来に残そう青い海』の部に応募。それぞれ、個性のある作品に仕上がっていました。3人とも入賞はできませんでしたが、小2のR君は「夏休みにまた頑張って、今度は賞を取りたい。」と意気込みをみせていました。

『灯台のある風景』 小3H君
『灯台のある風景』の部 小3H君

 

『未来に残そう青い海』の部  小2R君
『未来に残そう青い海』の部 小2R君

 

『未来に残そう青い海』の部  小3D君

『未来に残そう青い海』の部 小3D君

ひなまつり3

ひな人形を飾りました

立春も過ぎ、梅の花も満開になりました。
今日はひな人形を飾りました。

船形学園には「年中行事」の担当者がおり、子ども達が四季を感じること、日本の伝統行事を知る機会を大切にして、伝えています。慣わしや意味など、職員も改めて知ることも多いです。

人形の並び方や持ち物などひとつひとつ確認して。

ひなまつり

小さい頃のひなまつりの様子や「娘のために飾った」ことなど、職員の思い出話と一緒に飾りつけするのも楽しかったりします。

無事、飾り付けが終わりました!
七段飾りは立派でとてもきれいです。

ひなまつり2

まだ風は冷たいですが、春の訪れが待ち遠しいです。

009

生わかめのお味噌汁 -栄養士より-

昨年の3月の終わりごろ、職員から「せっかく、生わかめが手に入る地域にいるのだから、子ども達に生わかめを食べさせたい」「熱湯に入れると鮮やかな色になる所を見せたい」という要望をうけました。
栄養士としてはとっても嬉しい申し出だったのですが、旬が過ぎていました。(生わかめの旬は1月中旬から2月末頃です)

というわけで、今年は「生わかめのお味噌汁」というメニューで献立に取り入れてみました。さて、子ども達の反応はどうでしょう?お味噌汁を作る様子を見させてもらいました。

調理室から一口大に切られた生わかめが配られました。

005

子ども達の一言目は、「何これ?」「臭い!!」

「生わかめだよ。今から面白いもの見せてあげるよ。鍋の中に入れてみて。」

「色が変わるのでしょ?」と淡々とした返事。

知っていましたか・・・ちょっと残念。

007

と言っても、いざ色が変わると・・・

009

「うわぁ、すごい!!」「なんで?いつものわかめと色が違う!」と驚きの声が。

「いつものわかめは乾燥させてあるもので、これは乾燥させてない生のわかめだよ。」と伝えました。

食べた感想は「香りが良くて、やわらかく、おいしかった」とのことでした。

色が変わると知っていても素直に驚いてくれる子ども達が嬉しく、この地域の美味しいものをいっぱい知ってもらいたいと思う出来事でした。

赤鬼

節分

玄関の飾り

2月3日は節分。各室、玄関先に鬼が来ないようにと願いをこめて柊・大豆の殻・目ざしの頭を飾りました。

さて、ある男子寮には、そんな飾りは関係ないとばかりの赤鬼が来てしまいました。

赤鬼

幼児さんは泣き叫んでいましたが、他の子ども達みんなで「鬼は外!」と豆をまくと、鬼は「ここにはいられない~」と退散していきました。赤鬼が退散したあと、厄年の児童二人が鬼の役になり、豆まきをしたそうです。きっと、二人の厄も退散したことでしょう。

DSC_0068

第36回館山若潮マラソン大会出場!!

今年、第36回目となる館山若潮マラソン大会に子どもたちと一緒に出場しました!

12名の小学生と4名の高校生、職員も7名が出場し、マラソンを楽しみました!

CIMG4514

小学生と職員は、『ファミリーの部』に出場。一緒に2㎞を走りきりました!

高校生たちは、『10㎞の部』に2名、『フルマラソン』に2名が出場し、見事完走しました!

DSC_0068