養護理念

東京都船形学園 養護理念

東京都船形学園は
子ども一人ひとりが心身ともに
健やかに成長できるよう、最大限の支援をします
子どもの権利を考える
一人ひとりを考える
支援のつながりを考える
家族とのつながりを考える
かかわる人たちと考える
私たち東京都船形学園職員は
常にこれら理念をもとに
子どもたちの豊かで幸福な未来のために行動します

子どもの権利を考える

すべての子どもたちはかけがえのない大切な存在であり、
一人ひとりが大事にされて安心して過ごすことのできる一日一日を守ります。

一人ひとりを考える

子ども一人ひとりの姿にこまやかに心をくばって支援をしていきます。
同時に、お互いを気づかい、尊重し、学び合うことで、ともに成長できる生活の場をつくります。

支援のつながりを考える

子ども一人ひとりのしあわせを願い、めぐり逢えた日からずっと、
みんなでひとつながりの支援をします。

家族とのつながりを考える

子ども一人ひとりの意思を尊重しながら、
家族との関係を模索し将来のしあわせに向けて一緒に考えます。

かかわる人たちと考える

子ども一人ひとりにかかわるすべての人たちとともに子育てをします。
また、学園の持つ力を活かして地域に協力します。

平成30年4月1日 制定